FC2ブログ

無限煉姦 レビュー

無限煉姦 ~恥辱にまみれし不死姫の輪舞~のレビュー。
無限煉姦_タイトル2
各10段階評価
シナリオ…9
キャラクター…9
絵…8
エロ…8
音楽…8
システム・演出…7
総評…9

【感想】
シナリオについて。ライターが和泉万夜だからそこそこ期待はしてたけど、予想以上に面白かった。簡単に言えば不老不死になった主人公が犯されながらも各時代を渡り歩いていく壮大な物語なんだが、時代が経つごとに主人公が成長していく過程が凄く上手かったと思う。様々な出会いや別れを経験し、心身共に強くなった主人公が最後の決意を固める場面とか凄く良かった。エンドも綺麗に纏まっていたと思う。まあ、ハッピーエンドじゃなくて切ない感じのエンドでしたが。どちらかと言うと抜き目的で期待していた面が大きかったんですが、やっている内にどんどん物語に引き込まれて主人公に感情移入することが多くなってきた。ギュスターヴやマリーが死ぬ場面とか結構泣きそうになったし、ゾワボとの最後の会話も作中で一番印象に残るシーンだった。話自体はよくあるループものでそこまで特筆すべき事柄ではないですが、そこに到るまでの過程が凄く良かった。後、やってて気付いたんですが、結構時代背景がしっかりと書かれている所も良かったですね。史実の出来事と作中のオリジナル要素を上手く融合している所が上手いなと思わされた。
キャラについて。結構イカレたキャラが多かったですが、裏を返せば個性的で印象に残ったキャラが多かったかな。特にギュスターヴやマリー、ゾワボは作中でかなり印象に残ったキャラ。ギュスターヴは最初に公式で見た時、絶対陵辱要因だと思ってたけど予想以上に紳士的で且つ威厳があるキャラで驚いた。最期のシーンで主人公に生きるのではなく生き抜くのだと言った所も良かったし。マリーも最初はまさか4章まで付き添うことになるとは思ってなかったが、主人公が成長するきっかけにもなったキャラだけに最期のシーンはしんみりと来た。ゾワボは主人公と同様、最初は胡散臭いキャラだと思ってたが、3章から印象が変わって5章になると完全に印象に残ったキャラになったな。ゾワボの苦悩とか知ってしまうと何か憎めない所か感情移入してしまう。それだけに主人公との和姦が無かったのがやや残念かな。あそこまで関係が進んでいるんだからあっても良さそうなものだったが。
絵について。黒石りんごの絵は結構ムチムチしてて好み。ただ、CGだと肝心な部分の描写が無かったのはちょっと気に食わなかったですね。まあ、規制のせいもあるんだろうがそこはちゃんと描写してほしかったかも。
エロシーンについて。和泉が書いているだけあって割とハードなシーンも存在しますが、百合含む和姦も数シーンありました。全体的には輪姦が主体かな。快楽系が多く、ハードなシーンは1章や2章に集中している感じなので思ってたよりは多くなかった。個人的には不死設定を活かしたエロシーンに期待していたのでハードなシーンについてはやや不満が残りますね。テキストだともっとリョナが入ってるのに意識を失っていたりして描写が無かったりしてたし。主人公が成長していく所為か終盤になる程エロシーンが少なくなっていったのも残念。特に現代での陵辱シーンが無かったから見てみたかった。色々不満点はありますが、割と抜けたシーンも多かったので一応は満足かな。
音楽について。抜きゲだからあまり期待してなかったけど、予想以上にBGMが良かった。特に2章以降は印象に残ったBGMも多かったし。BGMのお陰でかなり雰囲気も良くなっていたと思う。
システム・演出について。シナリオに比べると演出はちょっと弱かった感じですね。もうちょっと動きが欲しかったと言うか。
euphoria同様、抜きゲなのにシナリオが予想以上に良かった作品。和泉万夜が単独で書くと聞いて買ったけど、やってて良かったと心の底から思えた作品だった。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クリオタートル

Author:クリオタートル
エロゲとオーディオが趣味な、27歳のしがない会社員。
エロゲを良い環境で聴く為にヘッドホン環境に投資した筈が、いつの間にかスパイラルに陥っていたっていうorz

その他日常的な事についてはこちらのツイッターで。

最新記事
リンク
気になるエロゲ見上げてごらん、夜空の星を 2015.12.18 First light! Gears of Dragoon2_応援バナー2『働くオトナの恋愛事情』を応援しています!『ソラコイ』応援バナー200×200_3『空色イノセント』を応援しています! ラストキャバリエ応援バナー
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード