FC2ブログ

ひめごとユニオン プレイ(1)

ひめごとユニオンのプレイを開始。
ひめごとユニオン_タイトル
5話辺りまで進んだけど、やっぱり日常シーンは勢いというか良い感じにテンポが噛み合ってて面白い。この調子だとそこそこいい感じになりそうだけど、はてさてどうなることやら。
取り敢えず、まずは誰から攻略していくかという所からだな。色々考えたけど、ここは小春から行こうかね。
スポンサーサイト
[PR]

淫虐の学園 プレイ(2)

彩夢ルート終了。
主人公結構えげつないな。イジメの件をバラさないと約束した上で肉体関係を結んだのに、すみれや晶を煽って孤立状態にして最後はあっさりとバラして精神的にも依存させるとか中々の鬼畜。その他、彩夢が聡明なのを分かっていて先回りして更に弱みを握る辺りとか実は主人公は彩夢よりも頭が回るんじゃないだろうかと思った。
取り敢えず、1ルート終わったけど今の所そこそこ抜けるっていう感じかな。特に彩夢を快楽で堕としていく過程は結構エロかった。

淫虐の学園 プレイ(1)

淫虐の学園 ~猥堕に蔓延る復讐の罠~のプレイを開始。
淫虐の学園_タイトル
最初の由梨へのイジメが長かったけど、ようやく復讐する展開になってやる気が出てきた。という事で最初は会長から行きましょうかね。正直、キャラデザ的に好みなのが会長しかいないし、他のキャラはあまり眼中に入らなかった。なので最初は会長から。他はやる気があったらいきましょうかね。

ひめごとユニオン&淫虐の学園 購入

ひめごとユニオン淫虐の学園 〜猥堕に蔓延る復讐の罠〜を購入。
当初購入予定だった作品が軒並み延期をかましてくれたので急遽様子見する予定だったひめごとユニオンと淫虐の学園を購入する羽目に。しかし、こうしてみると9月は色々買おうと思ってたのに延期に次ぐ延期で一気にショボくなったな。まあ、その分余裕が出来たのでじっくりとプレイしていくかね。

木洩れ陽のノスタルジーカ レビュー

木洩れ陽のノスタルジーカのレビュー。
木洩れ陽のノルタルジーカ_タイトル2

続きを読む»

木洩れ陽のノスタルジーカ プレイ(6)

朗ルートとラストエピソード終了。
これで全部終わったかな?朗ルート終了時点でまだ店長さん関連の謎が残ってたけど、ラストエピソードで全て回収されてて良かった。
朗ルートは朗のヴァルカンへのハッキングに期待してたんだけど、何か思ってたよりもあっさりと終わった感じ。もっと全面的なヴァルカンとの戦争みたいな感じの展開を予想してたんだけど、割と丸く収まってしまったというか。まあ、展開を考えるとこっちの方がいいのかもしれないがちょっと予想と外れてたかなという感じ。後、ラストエピソードは凄く綺麗に終わらせたなという印象だった。ザナドゥから過去のデータをフィードバックして、その後にしねまが自律思考を手にして終わるから余韻があって凄く良かった。

木洩れ陽のノスタルジーカ プレイ(5)

フロゥルート終了。
一姫ルートがああいう展開だった以上、アークやセレス達は絶対に関わってくるだろうなと思っていたから有る意味予想通りの展開では有った。まあ、しねまが自身の記憶と引き換えにメトセラを守る場面なんかは印象的で良かったんですけどね。にしても、フロゥルートでもバトルが有るとなるとバトルがないのはカヤルートだけになりそうな感じだね。次やる予定の朗ルートも何かきな臭い感じがするし。
フロゥルートやってて印象に残ったのは、やっぱりフロゥが恋を知った後の言動かな。公衆の面前でキスしてぶっ倒れたり、同じく公衆の面前で性器のカタログを広げたり、ゼオラに対して嫉妬したりと従来のフロゥにはなかった行動を起こしてフロゥの見方が変わったというか。それ以降、フロゥが魅力的に思えるようになったかな。

木洩れ陽のノスタルジーカ プレイ(4)

カヤルート終了。
最初に一姫ルートやってしまった所為でカヤルートでもバトルが始まるのかと思って身構えていたけど、そんな展開にはならなくて安心した。というか、カヤルートは気づいたら終わっていたという感じだったな。何かしねまを助けるために主人公達が奔走してた印象しか無い。まあ、最後の店長さんのメッセージは良かったかな。本当にしねまの事を思ってるんだなというのがよく伝わってきた。

木洩れ陽のノスタルジーカ プレイ(3)

一姫ルート終了。
何かこのルートでしねま関連の伏線が全部明かされたな。てっきり縁がある朗ルート辺りで明かされると思ってたんだけどね。これなら他のルートを先にやったほうが良かったかなとも思う訳ですが、現にクリアしてしまったので仕方ないか。
しかし、一姫ルートは前半と後半で雰囲気変わりすぎですね。いきなり新キャラがやってきたかと思えばバトルが始まって、最終的には棟方とかいう男との死闘まで繰り広げてるし。まあでも、印象に残ったのは後半の方かな。特に棟方が負けてからのシーンはしんみりときたというか。最後にしねまが星の数をいっぱいだと答えて満足気なまま逝った棟方のシーンが印象的でした。

木洩れ陽のノスタルジーカ プレイ(2)

個別ルート入った辺りまで来た。
やってて思ったけど、本当にこのライターは映画が好きだな。25世紀が舞台なのに20〜21世紀の実在の映画を作品に登場させる辺りが徹底しているというか。普通なら映画を出すにしても創作で済ませる所だと思うんだけど、敢えて実在の映画を出すのはライターのこだわりなんかね。まあ、映画の話を絡めて上手いこと雰囲気も出せてるしあまり気にする部分ではないかな。
プロフィール

クリオタートル

Author:クリオタートル
エロゲとオーディオが趣味な、27歳のしがない会社員。
エロゲを良い環境で聴く為にヘッドホン環境に投資した筈が、いつの間にかスパイラルに陥っていたっていうorz

その他日常的な事についてはこちらのツイッターで。

最新記事
リンク
気になるエロゲ見上げてごらん、夜空の星を 2015.12.18 First light! Gears of Dragoon2_応援バナー2『働くオトナの恋愛事情』を応援しています!『ソラコイ』応援バナー200×200_3『空色イノセント』を応援しています! ラストキャバリエ応援バナー
月別アーカイブ
カテゴリ
タグリスト
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード